即日融資をしてもらうために

即日融資をしてもらうために

即日融資で収入証明不要で借り入れることもできます

 

消費者金融会社などでお金を借りる場合、審査で収入証明書が必要な時がありますが、
必ずしもいつも必要とされるわけではなく大手の消費者金融会社でも借入金額が50万円まで、
他社を含めた借入総額が100万円を超えていなければ収入証明不要で即日融資というのが多いのです。
100万円、200万円までならと会社により借入金額に応じています。
 WEB申し込みなら最短で即日融資が可能のところがほとんどです。

 

 専業主婦でも銀行のカードローンなら総量規制の対象外で年収の制限がないので配偶者の収入証明書などは不要です。
専業主婦が消費者金融会社から借り入れるときには、普通は配偶者の同意書や収入証明書が必要となるのです。家族の年収の3分の1を超える借入が総量規制という法律で禁じられているためです。

 

 後ろめたいことはなくても収入証明書を取るには時間も手間もかかります。これが不要でお金を借りることができるのは便利です。
だからと言って借りたものは返さないといけません。生活を見直し計画的に無理のない範囲で利用したいものです。

 

無利息の奨学金は強力なファイナンス手法

 

一時期、失業などから返済に困った人々が「奨学金は借金だ!」などと、
その困窮を訴えるデモが起こっていましたが、確かにそれは疑いの余地もありません。
一方で、「借金は悪」「借金だから借りるべきではない」と考えるべきかというと、
そこは別の検討が必要であり、その「無利息」という性質には大いに注目すべきです。

 

新卒で就職してすぐに借入ができるかといえば、一般に審査基準があまり厳格ではないと言われるオートローンですら
、最初の1年は組めないケースが多いと言われています。

 

こういった、経済的にも決して安定しない就職初期に、手元にキャッシュがあることは、
大きな安心感につながり、万が一転職の必要が出た場合にも、落ち着いて職探しに臨むことが可能となります。

 

学生の本分はもちろん勉強ですが、それでも自由な時間があるのが学生生活最大のメリットといえます。

 

この期間に、無利息の「借入」ができるという恵まれた環境を最大に活かし、

 

アルバイトや生活費の節約等でいくらかでも多く貯蓄をすべきでしょう。

 

 

借入をするのであれば、返済は当然です

 

消費者金融や銀行でのお金の借入、いわゆるキャッシングをした場合は、
当然使った分を返済しなければなりません。当たり前のことなのですが、
このお金を借金でなく収入であるように受け止めて、ついつい使いすぎてしまう人も多いようです。

 

当然後で返せなくなるはめになってしまいます。

 

ちょっと考えてみてください。たとえばあなたが、友人のAさんからお金を借りて、
1週間後に返すと約束します。そういう場合、普通は1週間後にAさんに返すでしょう。

 

もちろん時と場合によっては、1週間たたなくても返すことだってあるでしょう。

 

また、どうしても1週間で返せない場合は、Aさんに連絡を入れて、もう少し待ってくれと頼むでしょう。
キャッシングも同じことなのです。使った分は期日までに返す、
期日までに返せない場合は、貸してくれた相手に連絡を入れて遅れそうだと伝える、
これをきちんとできていれば、お金の借入と言うのはそう難しいことではありません。
借りた金額が大きいせいもあるのかもしれません。でもそれならなおさらのこと、きちんと返すべきです。

 

それが難しい人は、せめて数万円程度を借り入れるようにしてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ